iPhoneを海外で使う場合の設定方法、海外パケ放題vsWiFiルーターのレンタル

iPhoneを海外で使う

iPhoneを海外で使う場合

飛行機

このサイトは、海外でもiPhoneなどスマートフォンを使用したい方のための情報サイトです。海外でもメールの送受信、ブログ、Twitter、Facebook、地図アプリやガイドブックアプリを利用したい方に海外での接続方法をまとめています。

 

このサイトで紹介する接続方法以外に現地でSIMカード購入、ルーターをレンタルする、iPassを利用する方法もありますが、このサイトでは、個人でも利用しやすい無料WiFiスポット、海外パケ放題(ソフトバンク)、海外用WiFiルーターのレンタルサービスについての情報を掲載しています。

 

まず準備段階から説明すると、

 

1.出発前に無料でWiFiができるスポットを調べておきましょう。滞在するホテル、マクドナルド、スタバなど。ホテルを自分で予約する場合はインターネットができるかを確認しましょう。ホテルの予約サイトにはインターネットができるか書いてあることが多いです。ホテルでインターネットの接続サービスを利用する場合は、パスワードをフロントでもらって部屋で接続する方法が多いですね。安全性からみると、海外WiFiレンタルと接続パスワードを頻繁に変更するホテルでの利用がおすすめです。

 

2.海外でも常時インターネットを利用したい人は、携帯電話会社の海外パケし放題サービスがありますが、1日2,980円は高いので、私は、海外用のポケットWiFiをレンタルを利用しています海外WiFiレンタル比較サイトなら当日申し込むよりも安く予約できます。


iPhoneを海外で利用する場合の設定方法

iPhoneの海外使用設定方法を簡単にまとめます。

 

iOS6の場合

飛行機に乗る前に機内モードにする(設定→機内モードをオフにする)

データローミングがオフになっているか確認しましょう。(設定→一般→ネットワーク→データローミング

到着後にモバイルWiFiルーターや無料スポットなどでWiFiを利用する場合は、設定→Wi-Fiをクリックしてオンにしておきます。

機内モード

データローミング 

wifiオン 

 

iOS7の場合

飛行機に乗る前にデータローミングがオフになっているか確認(設定→モバイルデータ通信→データローミングを"オフ"

機内モードをオンにして現地到着後にWiFiをオンにする。機内モードにするとWiFiもオフになります。(設定→機内モードをオン→現地到着後にWIFIををオン

以下のように画面下から上にスワイプすることで、機内モードやWIFIのオン・オフに設定することができます。

 

 

 

*初期設定はデータローミングがオフになっていますが、念のため確認しましょう。データローミングをオフにするとメール(SMSも含む)などパケット通信ができなくなります。

 

私は、海外出張の時に安定したインターネットの環境が必要なので、いろいろなサービスを比較した結果、出張が決まったら海外用のWiFiルーターをレンタルしています。ホテルを選ぶ時もWiFiができるホテルを選んでいます。ただ、ホテルによっては接続が不安定な場合があります。

 

海外用ポケットWiFiのレンタルのメリットは、セキュリティが他より安全なのと安定してメールやネットができることですかね。また、移動中も利用できるので、得意先まで行く場合は、Googleマップを使っています。方向音痴な私でも道に迷うことがなくなったので助かっています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
海外WiFiルーターレンタル 海外から日本へ格安電話 海外無料WIFIの危険性